現場主体のon-siteデジタルプロモーション

~デジタルプロモーションのこれまでを知っているからこそ、できることがある~

モバイルを利用したプロモーションのこれまで

2000年のドコモ社によるiモード登場以来、携帯電話を利用したコンテンツ開発やサービス提供が全盛を極めてきました。現在では、その端末機はスマートフォンが主流となっています。

このスマートフォンが登場する前のモバイルプロモーションと言えば、『メルマガ』配信が主流となっていました。
メールを利用し、お客様を店頭などへ呼び込むことや、E-コマースへ繋げる路線が主だったものでした。
その後、スマートフォンの普及が進むにつれ、情報量の拡大、UI/UXの拡張からSNSを利用したデジタルプロモーションなどへ発展してきました。
また店頭といった現場(on-site)に於いては、ポイントシステムや店頭抽選へと進化してきます。

リアルな体験につながる、on-siteデジタルプロモーションとは?

『on-site:オンサイト』とは、『現場(現地)』のこと。
当社では、インターネット上だけでは完結しない、現場・現地といったリアルな現場環境で行われる、デジタルを利用したプロモーション施策を『on-siteデジタルプロモーション』と呼んでいます。
例えば、店頭やイベント会場といった場所で実施されるプロモーションを言います。

以前、o2o(Online to Offlie)というワードもありましたが、インターネット(オンライン)から、現実社会(オフライン)へ誘導する意味合いよりも、現実社会の現場環境で行う携帯電話端末を利用したプロモーション活動という意味が強くなっています。

私たちは、現場に足を運び実際の現場を見ることで、どのようなプロモーションを企画し、実現させるために、どのようなデジタル施策を行えば良いのか、ご提案することを得意としています。

デジタルプロモーションとの違い

一般に『デジタルプロモーション』とは、デジタル上で完結するプロモーション活動をいいます。
インターネット広告、SNS、各種ポイントや抽選システムなど、仕組みの中に必ずしも『現場(現地)』といったリアルを必要とせずとも、実施可能なスキームとなります。
またデジタルプロモーションにて、現場への誘導(送客・集客)を伴う場合は、『o2o施策』と呼ばれます。
on-siteデジタルプロモーションでは、必ず『現場(現地)』を伴い、送客・集客から更に現地での活動補助も含まれる、まさに現場ありきのプロモーションとなります。

on-siteデジタルプロモーションが注目されてこなかったわけ

かつて、現場主体のプロモーションは、注目されてきませんでした。
これにはいくつかの要因(企画考案の難しさ/開発スピード/高額な開発費/分業による調整の難しさ)があります。

①企画考案を行う人材不足
広告代理店などが行う現場主体のプロモーションにデジタルを組み込もうとするには、現場の様々な知識や知見とデジタルシステムの知識や知見の両方が必要となります。
特にデジタルを現場で活かすためには、ITに長け、更に企画立案という、まさに文系の想像力と理系の構想力の2つを兼ね備えている必要がありました。

②広告・プロモーション業界のスピード感に開発会社のスピード感が追い付かない
プロモーション業界は、4シーズン単位で様々な企画が展開されます。
『4シーズン』即ち3か月単位での制作スピードが必要となります。
また、「企画立案~仕様調整~デザイン・開発~テスト~運用開始」といった一連の流れを3か月使えることはありません。
この流れを実質は1~1.5か月で行わなくてはならないのです。

③高額な開発費用の問題
例え現場で行う良い企画を立案したとしても、販促費用の予算内に収まらなければなりません。しかし一般に数人で2~3か月の開発を行うとなった場合は、少なく見積ったとしても300万円程度の工数費用となります。
この制作費用及び運用開始後のインフラや補修費用を考えた場合には、システム費用が数百万円となってしまいます。これでは費用対効果(ROI)を考えた際に、実現可能な企画としてなりたちません。

④業界における分業制
一つの案件を実施するには、複数の企業が作業を分担して制作や準備を行います。
この作業分担企業が多く関われば関わるほど、調整が難航し時間がかかるものとなります。いわゆる『ワンストップ』と言われるように可能な限り対応事業者を少なくすることによりスピード感を上げることができます。
『on-siteデジタルプロモーション』を考える時は、現場での動き、コンテンツとしての楽しさ・面白さ、対費用、制作スピードなど様々な知識や経験、そしてノウハウが必要となってきます。

その上で目先の案件より、更に今後の展開を踏まえたビジネス感が重要となります。
当社では創業当時より『on-site』に於ける、モバイルを利用したプロモーションにこだわりを持って対応してきました。
このノウハウや知見といったものを最大限活用して提供する為の仕組みのフレームワークが『with-M.』となります。

with-M.のサービス分野

『with-M.』を利用して構築できるシステムは、様々なものがあります。
今現在は、プロモーション(販売促進)分野及び、BtoBtoCとなる現場主体のシステムを制作することが、最も注力しているドメイン(分野)です。

with-M.というデジタルプロモーション構築ブランド

当社の長い歴史で培った、デジタルプロモーションに関しての知見、ノウハウ、経験、リソースそして当社のスタッフによる構想、企画、実現力に他なりません。

『with-M.』とは、システムを構築する為のフレームワークだけにとどまらず、企画立案を担う当社スタッフに於いても、そのフレームワークの一部と考えています。
企画立案からそれを実現可能なレベルのスキームに落とし込み、モバイルを利用したプロモーションシステムを構築し運用する。
これら一連の仕組み全てが『with-M.』であり、当社のブランド・品質となります。