【スタンプラリー体験レポート】「みみかわコレクション」 | with-M. NewsMedia

【スタンプラリー体験レポート】「みみかわコレクション」

みみかわコレクション

すっかり街にはイルミネーションが輝き、冬らしくなってきましたね。
冬ならではの景色やグルメを楽しむために、冬休みのご予定にスタンプラリーの旅なんていかがですか?

 

ということで!地域リサーチ隊が行く!スタンプラリー体験レポート

 

今回は「みみかわコレクション ~ダムの周りの不思議ないきもの~」
こちらの体験レポートが到着しましたので、ご紹介致します。

 

ふしぎないきもの「みみかわのせいぶつ」達を探しに、宮崎県へ出発です!

過去の体験レポートはこちら!

 

■目次
・「みみかわコレクション ~ダムの周りの不思議ないきもの~」とは
・スタンプラリー体験レポート
・企画の注目ポイント

 


【みみかわコレクション ~ダムの周りの不思議ないきもの~】とは

みみかわコレクションとは

主催宮崎県商工観光労働部観光推進課 ダムスタンプラリー事務局
開催期間2021年10月5日(火)~2021年12月28日(火)
概要耳川流域のダムや観光スポットなど20箇所の対象スポットを巡って、「みみかわのせいぶつずかん」に描かれている不思議ないきものを探し、図鑑を完成させていくスタンプラリー
スタンプ取得方式:QRコード方式
公式サイト
 みみかわコレクション~ダムの周りの不思議ないきもの~

 

では、地域リサーチ隊にバトンタッチ。
スタンプラリーをレポートしてもらいましょう!

 


▼スタンプラリー体験レポート

~これより、地域リサーチ隊による体験レポート~

 

①大御神社 門前市

大卸神社

簡単な参加登録を済ませ、大御神社へやってきました。

 

大御神社2

鳥居をくぐって神社へ入ると、海を望む開放的な境内があります。奥まで行くと、ラグビー日本代表がW杯前に訪れたあの“さざれ石”を見ることができます。
また、大御神社は地元で有名な猫スポットらしく、猫があちこちにいるので、猫好きな方にもおすすめなスポットです。

 

大卸神社3

駐車場から見て、神社とは反対側にあるコンテナでQRコードを発見しました。ここで1つ目のスタンプGETです。

続いてのスポットへ向かいましょう!

 

②クルスの海展望台

クルスの海展望台


こちらは高台にあるスポットですが、駐車場が近いのでお子さま連れの方や体力に自信が無い方も無理なく回ることができます。波の侵食でできた十字(クロス→クルス)の海岸を訪れると願いが叶うといわれており、鐘を鳴らして願いを海に託せるというお洒落なスポットです。

 

クルスの海展望台3

QRコードは展望台の柵で発見。こちらで2つめGETです。

 

③門川町観光協会

門川長観光協会

この日は観光協会は閉館中でしたが、入り口のガラスにQRコードが貼ってあるのでいつでもスタンプを集めることができます。駅の入り口左側の窓にもQRコードが貼ってありました。
ポスターで掲示物の場所を取らない且つ、現地にスタッフがいなくても行えるのはスマホスタンプラリーならではの強みですね。

 

門川長観光協会2

ここでは、QRコードを読み込んだ後、クイズに正解することでスタンプをGETすることが出来ます。
ヒントを頼りに何とか正解!無事スタンプもGETしました。
(クイズは参加した方のお楽しみです♪)

 

④海の駅 ほそしま

ほそしま

港のそばに店が並んだ場所があれば、そこが「海の駅ほそしま」です。

ほそしま2

お店の入り口近くの柱にQRコードを発見しました。スタンプGETです。
こちらでは地元で水揚げされた新鮮なお魚料理を頂くことが出来、物産展で海産物や地元の野菜などを買うことが出来ます.

 

⑤道の駅 とうごう

とうごう

山道をドライブすると「道の駅 とうごう」に到着しました。こちらは市内の特産品の販売を行っており、商品も充実していました。お土産を買うのにちょうど良い場所です。

とうごう2

お店の入り口にQRコードを発見しました。今回の旅の最後のスタンプをGETです!

 

景品と引き換え

景品get

5箇所を回り、スタンプを5個集めたので「道の駅 とうごう」にて中間賞を引き換えてきました。売店のレジでスタンプラリーの景品と交換することができます。
どれにしようか悩んでしまったので、中間賞の実物を全種類見せていただき、ハンカチを貰いました。
地域やキャンペーンの限定グッズは印象にも残るので、素敵な旅の思い出になりますね。

 

リサーチ隊の感想

今回は3ヶ所程度回るつもりでしたが、独特な「いきもの」達や買い物や見どころの詰まった観光地で気が付けば5ヶ所回っていました。
紙のスタンプラリーでは、写真を撮ってスタンプラリー用紙を取り出して…と少し手間がかかりますが、デジタルでのスタンプラリーだと、風景の写真を撮ったついでにスタンプを獲得できるので、面倒臭がりの私にはぴったりで、旅とスタンプラリーを思いっきり楽しむことができました。

 

QRコードの展示場所は様々で、どちらが先に見つけるか一緒に行った友人と早押しクイズのように競って盛り上がりました。
素敵な景品も貰えて良い思い出になったので、今回行けなかったスポットも回ってコンプリートを目指したいと思います。

※この体験レポートは2021年11月4日時点のものです。

 

以上、体験レポートでした!
それではここで、この企画の注目ポイントをプチ分析していきましょう!

 


▼企画の注目ポイント

  • QRコードを読み込むだけでは終わらない、謎解きに挑戦でさらに楽しい!
  • 種類豊富なキャンペーンオリジナルグッズで、地域の印象も深まる

 

今回のスタンプラリーでは、これまでのキャンペーンとは違った「謎解き」の要素が加わっています。
謎解きは回答を自分で入力するクイズ形式となっており、問題を通して地域や建物の知識を深めることができます。
クイズのヒントは他の場所へ設置することで、参加者は問題を解くためにヒントを設置した施設やお店にも足を運ぶため、周遊率もアップも期待できます。

 

また、今回リサーチ隊は「中間賞」としてハンカチを貰いましたが、他にもカードやカードホルダー、クリアファイルと4種類の中から選ぶことができました。
ゆるくて可愛い「みみかわコレクション」のキャラクターが描かれたオリジナルグッズは、地域を印象付け、旅の思い出にもピッタリな景品となったのではないでしょうか。

もちろんこれ以外にもコンプリート賞で獲得できるオリジナルグッズや豪華景品もあり、魅力の詰まったボリューム満点のスタンプラリーとなっています。

 

いかがでしたでしょうか?
企画のヒントになれば嬉しいです😄

 


 

当社は単なるシステムだけを提供いたしません。

企画立案から運用までトータルでサポートし、お客様の様々な企画を実現します。
ぜひお気軽にご相談ください。

 

当社の非接触スマホスタンプラリーはこちら(サービスサイトへ)
※回遊対策で選びたいスタンプラリーシステムNo.1 (日本マーケティングリサーチ機構調べ)

 

企画のご相談はこちら

 

※「QRコード」は、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

※その他、記載の会社名および製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。