スマホ1つでお得な旅!観光地を巡ってもらうクーポン企画とは? | with-M. NewsMedia

スマホ1つでお得な旅!観光地を巡ってもらうクーポン企画とは?

クーポンパスポート

 

7月に突入し、いよいよ夏がスタートする時期ですね。
今年こそ夏休みには観光地を訪れてほしいと、様々な施策を検討中の自治体・企業担当者様もいらっしゃるかと思います。

特に多くの観光地で取り入れている「クーポンパスポート」は、お得に飲食店を利用できたり、自分の訪れたお店を記録することができるので、観光客にとって人気のアイテムですよね。

 

しかし、いいところもある一方で

  • 紙で製本するので、発行部数や管理に困る
  • 情報の更新に柔軟に対応できない
  • お客様がクーポンパスポートを忘れたり、紛失する可能性がある など

 

紙で運用することの弊害も…😢


☝そこで今回は、「モバイルクーポンシステム」を使って

  • スマホ1つで簡単に利用ができて、紛失することもない
  • クーポンの管理やデータ集計の手間を軽減できる

 

「デジタルクーポンパスポートキャンペーン」を紹介します。

 

■目次
1  本企画の流れ
1-1 対象施設にてシリアルナンバー付きカードを購入する
1-2 専用サイトでクーポンパスポートを取得する
1-3 リストから使用したいクーポンを選んで使用する
2  本企画のポイント

 


1 本企画の流れ

1-1 対象施設にてシリアルナンバー付きカードを購入する

 

クーポンパスポート1


観光案内所や観光施設など、旅行者が多く訪れるスポットにてシリアルナンバー付きカードを販売します。
 

利用者はカードを購入し、スマートフォンでカードに記載のQRコードを読み取ると、クーポンパスポート専用サイトにアクセスできます。

 


1-2 専用サイトでクーポンパスポートを取得する

 

クーポンパスポート2


QRコードを読み取り、専用サイトにアクセスをしたらカードに記載のシリアルナンバーを入力。
シリアルナンバーが認証されると、クーポンパスポートを取得することができます。

複数店舗分のクーポンを1度に取得することができるので、参加者は対象店舗分のクーポンを持ち歩かなくとも、スマホ1つでお得に旅行を楽しんでいただけます。

 

さらに、専用サイトにログイン機能を設定すると、万が一利用途中でクーポンのデータが消えてしまっても、設定したアカウント情報でデータを復帰させることもできるので、持ち歩き忘れや紛失などの心配もなく、安心してお使いいただけます。

 


1-3 リストから使用したいクーポンを選んで使用する

 

クーポンパスポート3


クーポンパスポートを取得すると、サイト内に利用できるクーポンが一覧で表示されます。

 

利用する場合は、一覧から使用するクーポンを選択しお店でクーポン画面を提示するだけ!
店舗側でクーポン使用済みボタンをタップすれば完了です。


デジタルクーポンにすることで、キャンペーン終了後にクーポン利用数に応じて、クーポン対象施設へキャッシュバックをする場合も、どのクーポン店舗で、いつ、どれだけクーポンが引き換えられたかといったデータの集計が簡単にでき、データを基にスムーズに処理をすることができます。

 

さらにクーポンの消込に電子スタンプを使用した場合は、ボタンを誤って押してしまうなどのトラブルも防ぐことができます。

 


2 本企画のポイント

 

  • スマホで使えるクーポンパスポートにすることで、利用者も店舗スタッフもスムーズに利用できる

  • クーポンの管理や情報の変更などの手間を軽減することができる

 

いかがでしたでしょうか?

企画のヒントになれば嬉しいです😄

 

「デジタルクーポンパスポートキャンペーン」の全体イメージはこちら


当社は単なるシステムだけを提供いたしません。

企画立案から運用までトータルでサポートし、お客様の様々な企画を実現します。
ぜひお気軽にご相談ください。

 

当社のモバイルクーポン提供システムはこちら(サービスサイトへ)

企画のご相談はこちら


※「QRコード」は、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
※その他、記載の会社名および製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。