【スタンプ取得方法】NFC方式のメリット・デメリットとは? | with-M. NewsMedia

【スタンプ取得方法】NFC方式のメリット・デメリットとは?

【スタンプ取得方法】NFC方式のメリット・デメリットとは?

 

皆さんはSuicaやPASMOなどのICカード決済を利用したことはありますか?
バスや電車などの公共交通機関だけでなく、様々なお店でも利用でき
現在ではスマホでも決済が可能なため、多くの方は利用経験があるのではないかと思います。

 

実はその電子マネーにも使われているシステム【NFCタグ】を使って
ひと味違ったスタンプラリーを楽しむことができます。

 

今回はそんなNFCタグを使ったスタンプラリーについてご紹介致します。


その他の取得方法についてはこちら!
第1回:QRコード式スタンプラリー

【スタンプ取得方法】QRコード方式のメリット・デメリットとは?

第2回:GPS式スタンプラリー
【スタンプ取得方法】GPS方式のメリット・デメリットとは?
第3回:電子スタンプ式スタンプラリー
【スタンプ取得方法】電子スタンプのメリット・デメリットとは?

第5回:AR式スタンプラリー
【スタンプ取得方法】AR方式のメリット・デメリットとは?

第6回:LinkRay方式スタンプラリー

【スタンプ取得方法】LinkRay方式のメリット・デメリットとは?

 

企画のポイントをぎゅっとまとめた取得方法の総集編はこちら!

【スタンプ取得方法】総集編~デジタルスタンプラリーの企画ポイント~

 

■目次
・NFCタグの特徴
 -メリット
 -デメリット
・NFCタグを使ったスタンプラリー例
  -①スタンプをためて抽選に応募するスタンプラリー
  -②スタンプをためて景品引換えするスタンプラリー
  -③スタンプをためて
限定動画を視聴できるスタンプラリー
・最後に

 


NFCタグの特徴

NFCタグ(シール)

NFCとはNear Field Communicationの略称で、

ソニーとNXPセミコンダクターズ(旧フィリップスセミコンダクターズ)が共同開発した近距離無線通信技術です。

国際標準規格として承認されており、NFCタグから数cmの近距離にスマートフォンをかざすだけでデータ通信が行われ、スタンプを付与するといったことが可能です。

 

NFCタグ(シール)は電子スタンプ印やFeliCaリーダーなどとは異なり、安価なため導入しやすいことが強みとなっています。
またサイズも12×20mm~50×85mm程度と小さく、厚みも1mm以下の薄型なので、カードや受付、POPカードなど、様々なものに貼り付けることができる点もメリットの1つです。

 


-メリット

①アプリ起動不要で、スマホをかざすだけで簡単に利用できる
QRコードを読み込む為にカメラを起動したり、アプリからアクセスしたりする必要はなく、
スマートフォンをポスターやPOPにかざすだけでスタンプが獲得できます。

そのため、スマホの複雑な操作が難しい、小さなお子様でも簡単にご利用いただけます。

 

親御さんのスマートフォンをお子様に持ってもらい、直接お子様がかざして体験することでワクワク感を与え、

親子そろってキャンペーンをお楽しみいただくことが可能です。

 

②不正が起きにくい
NFCタグに内蔵されたURLに、スマホをかざしてアクセスすることでスタンプを獲得することができるため、
第三者へスタンプの獲得URLが漏れることが無く、不正が起こりにくくなっています。

 

そのため、参加者に実際に現地へ訪れて頂くことで、地域や施設の活性化へと繋げることができます。

 

③チェックポイント(スタンプの取得場所)が近い場合でも利用が可能
GPS方式と異なり、位置情報の電波を発信/受信しない為、狭い場所や屋内でも利用が可能です。

 

小さなシール状なので、同じ建物の中やブース内でも利用できるため、利用シーンを問いません。

 

-デメリット

①利用できる端末が限られている
ガラケー(フィーチャーフォン)ではNFCタグはご利用いただくことができません。

 

現在このNFCタグが利用できる端末は、iPhoneはXS以降
Androidは2015年以降に販売されたもののほとんどが対象となっています。
ご利用のスマートフォンがNFC対象端末かどうかは、スマートフォンの公式オンラインなどでご確認いただけます。

 

②NFCタグの購入費用が別途発生する
NFCタグはシール状となっており、ポスターやPOPの裏に貼り付けて掲示します。

そのため、初期費用や月額利用料などに別途300円~×枚数分の費用が発生します。

 


NFCタグを使ったスタンプラリーの流れ

では、実際にNFCタグを使用したスタンプラリーの一例をご紹介いたします。

 

①スタンプをためて抽選に応募するスタンプラリー 

スタンプを貯めて抽選に応募するスタンプラリー

ポスターのイラスト部分の裏側にNFCタグを貼り付けて、その部分にスマートフォンをかざすことで
イラストに関連したスタンプを獲得することができます。


かざすだけの簡単な操作と、イラストと連動したスタンプが獲得できることで
小さなお子様も、ご家族揃ってお楽しみいただくことができます。

 

こちらのスタンプラリーでは、一定数スタンプをためると抽選に応募ができます。

 

②スタンプをためて景品引換えするスタンプラリー

スタンプをためて景品引換えするスタンプラリー

来店、あるいはご購入・ご注文ごとに
NFCタグが貼り付けられたポスターやPOPにスマートフォンをかざして、スタンプを獲得することができます。


カメラやアプリを起動したり、スタンプカードを発行したりする必要がなく、
サッとスマートフォンをかざすだけでスタンプを集めることができるので、キャンペーンに参加しやすくなります。

 

一定数スタンプをためると景品と引換えたり、割引を受けることができるので
お店のリピーター作りにも繋がります。

 

③スタンプをためて限定動画を視聴できるスタンプラリー

スタンプを貯めて限定動画を視聴できるスタンプラリー

来店を促したい店舗にNFCタグが貼り付けられたポスターやPOPを設置します。

参加者は来店時に、ポスターやPOPにスマートフォンをかざし、スタンプを集めていきます。

 

全ての店舗に設置されたスタンプを獲得することで、
コンプリートした方にしか見ることのできない限定動画を再生することができます。

 

アーティストや作品のファンにはたまらない景品を用意することで
参加者のコンプリートへのモチベーションをアップさせ、スタンプラリー対象店舗の活性化を促進します。

 


最後に

 

いかがでしたでしょうか。

今回は、NFCタグを使ったスタンプラリーについてご紹介致しました。

 

かざすだけの簡単な操作でスタンプが獲得できるので、
小さなお子様でも一緒に楽しむことができ、夏休みや冬休みなどの長期休暇中のレジャー施設、イベント会場にとてもオススメです。
また、現地に行きスマートフォンをかざさなければスタンプは獲得できない為
実際に訪れて頂くことで地域や施設のアピールにも効果的です。


ぜひ、ファミリー向けのイベントや観光・周遊対策でご活用いただけますと幸いです。

 


 

その他の取得方法についてはこちら!

第1回:QRコード式スタンプラリー
【スタンプ取得方法】QRコード方式のメリット・デメリットとは?

第2回:GPS式スタンプラリー
【スタンプ取得方法】GPS方式のメリット・デメリットとは?
第3回:電子スタンプ式スタンプラリー
【スタンプ取得方法】電子スタンプのメリット・デメリットとは?

第5回:AR式スタンプラリー
【スタンプ取得方法】AR方式のメリット・デメリットとは?

第6回:LinkRay方式スタンプラリー

【スタンプ取得方法】LinkRay方式のメリット・デメリットとは?

 

企画のポイントをぎゅっとまとめた取得方法の総集編はこちら!

【スタンプ取得方法】総集編~デジタルスタンプラリーの企画ポイント~

 

当社は単なるシステムだけを提供いたしません。


企画立案から運用までトータルでサポートし、お客様の様々な企画を実現します。
ぜひお気軽にご相談ください。

 

当社の非接触スマホスタンプラリーはこちら(サービスサイトへ)
※回遊対策で選びたいスタンプラリーシステムNo.1 (日本マーケティングリサーチ機構調べ)

 

企画のご相談はこちら

 

 

※「QRコード」は、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

※その他、記載の会社名および製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。