定番スポットからニッチなエリアまで!【北海道×スタンプラリー】 | with-M. NewsMedia

定番スポットからニッチなエリアまで!【北海道×スタンプラリー】

北海道×スタンプラリー

国内旅行の人気ランキングでも常に上位の【北海道】。
その広大な土地には沢山の見どころや観光スポットが存在しており、毎年多くの観光客でにぎわっています。

 

そんな北海道では、その魅力を有効活用したスタンプラリーが数多く開催されているのをご存知でしょうか?
特に、旅行先で広域を周遊するスタンプラリーでは、荷物にならずMAPの確認もしやすいデジタルスタンプラリーの注目度が非常に上がっています。

 

今回は北海道で実施されたデジタルスタンプラリーの事例の一部を、QRコード方式・GPS方式に分けてご紹介致します。定番のスポット周遊から飲食店で地酒を楽しめるものなど、様々なシーンで活用されています!


中には現在開催中のキャンペーンもありますので、気になる方はぜひご参加下さい!

 

目次
・QRコード方式
 -LOVE SNOW HOKKAIDO2021-2022スマホスタンプラリーキャンペーン
 -呑まさる道産酒応援キャンペーン
・GPS方式
 -
たびスマ北海道モバイルdeスタンプラリー 
・QRコード+GPS方式
 -
利尻クエスト2021

 


■QRコード方式

デジタルスタンプラリーの定番であるスタンプ取得方法と言えばQRコード方式。飲食店などの店舗や、記念館・博物館などの文化施設、駅構内など、小規模なスペースやスポット同士の間隔が狭い場合も利用することができます。

 

QRコード方式について詳しくはこちら!
【スタンプ取得方法】QRコード方式のメリット・デメリットとは?

 

LOVE SNOW HOKKAIDO2021-2022スマホスタンプラリーキャンペーン 

2021年12月25日(土)~2022年4月3日(日)

利用シーン:スキー場、ロープウェイ

ホッカイドウノサクドウスタンプラリー

北海道索道協会加盟のスキー場または観光ロープウェイで乗車券を購入された方を対象としたスタンプラリーです。
ポスターや公式サイトに掲示されたQRコードからサイトへアクセスし、対象スポットに置かれたスタンプ取得用QRコードを読み込んでスタンプを取得します。


スタンプを3個または6個集めると、北海道内のスキー場で利用できる共通シーズン券、または同じく道内スキー場の共通一日券がプレゼントされます。
なお、6個のスタンプを集めた状態で応募すると、当選確率が2倍にアップするという内容で、参加者のスタンプの収集意欲アップが期待できます。
また、10スタンプ・30スタンプ・5エリアのスタンプを制覇した方には、達成した満足感を味わうことのできるユーザー名入りのWEB表彰状が進呈されます。

 

同時開催で、専用ハッシュタグを用いて「推しスキー場、観光ロープウェイ」の写真とコメントを投稿するInstagramキャンペーンも実施。スタンプラリーで訪れたスポットの思い出を投稿してもらうことで、スキー場の宣伝効果を高めることはもちろん、参加者の思い出に残る企画となりました。

 


呑まさる道産酒応援キャンペーン

2021年10月18日(月)~2022年1月20日(木)

利用シーン:飲食店

のまさるキャンペーン

札幌市内にある北海道産の日本酒・ワイン・焼酎などの取扱店300店舗を対象としたスタンプラリーです。

 

参加店舗にて特別な割引を受けることの出来る“プレミアム付き商品券”を購入し、その商品券でお会計をお支払いした際に店舗スタッフから提示されるQRコードをスマートフォンから読み込み、スタンプを取得することが出来ます。
集めたスタンプは、1つで“小結賞”、2つめで“大関賞”、3つで“横綱賞”に応募することができ、北海道内の酒造メーカーの日本酒や飲食チェーンAPRグループ共通ギフト券などのお酒好きにはたまらない景品がプレゼントされました。
3つの賞にそれぞれ応募が済むと集めたスタンプはリセットされ、再度スタンプを集めることができるため、何度でも景品に応募することが可能です。

 

本キャンペーンはスタンプラリーだけでなく、プレミアム付き商品券とのセットでお得に北海道の地酒を楽しむことができ、札幌の飲食店を盛り上げる企画となりました。

 


■GPS方式

北海道には広い公園や展望台などの屋外で楽しめる観光地が多く存在しています。そんな場所ではスポットの付近に訪れることでスタンプを取得できるGPS方式がおすすめです。

 

GPS方式について詳しくはこちら!
【スタンプ取得方法】GPS方式のメリット・デメリットとは?

 

たびスマ北海道モバイルdeスタンプラリー 

2021年12月1日(水)~2022年3月31日(木)

利用シーン:駅

たびスマ北海道モバイルdeスタンプラリー

北海道の全域を対象としたスタンプラリーで、JR北海道の20駅が対象スポットとなっています。
 

北海道を4つのコースに分け、それぞれ“一日散歩コース「道央」”“大自然コース「道東」”“北海道新幹線コース「道南」”“縦断コース「道北」”とし、各エリア5つのスポットを回りスタンプを取得することで、ここでしか手に入らない北海道の「映えスポット」写真がプレゼントされます。
さらに、各コースのスタンプを1つずつ取得することで「HOKKAIDO LOVE!賞」、全20駅のスタンプを全て取得で「完全制覇賞」としてスペシャルな壁紙を貰うことが出来ます。

 

スタンプラリーサイトでは、自分のいる場所から一番近いスタンプラリー取得スポットを表示してくれる機能が搭載されており、どこからでもスタンプラリーを始めやすく、初めて訪れた方にも回りやすいキャンペーンとなりました。
また、対象エリアが広範囲のため制覇を目指すと数日かかることもあるスタンプラリーですが、ログイン機能があることでデータの消失を防止し、いつでも再開できるのもポイントです。

 

実際の旅の様子をレポート!実際のキャンペーン画面を見ながら解説しています。
『たびスマ北海道モバイルdeスタンプラリー』体験レポート


■QRコード+GPS方式

2つの取得方法を組み合わせたスタンプラリーでは、「飲食店も公園宿泊施設も屋内外問わず全部寄ってほしい」という欲張りなスタンプラリー企画も叶えられます。

 

利尻クエスト2021

2021年7月1日(木)~10月31日(日)

利用シーン:レジャー施設、観光スポット、宿泊施設

利尻クエスト

北海道の北部に位置する、豊かな自然に囲まれた利尻島を楽しむことのできるスタンプラリーです。

 

スマートフォンのGPS機能を利用して位置情報を認証するとスポットに応じてポイントを取得することが出来ます。
集めたポイントに応じて3,000円~10,000円相当の利尻の特産品が抽選でプレゼントされました。
チェックポイントを訪れるほかにも、サイト内で「利尻クイズ」に挑戦することができ、利尻に関する問題に正解することでもポイント獲得することが出来ます。

 

対象スポットは神社・展望台・資料館・ホテルなど様々。各スポットの規模感によってQRコード方式とGPS方式をうまく使い分けることで、屋内外やスポットとの距離感に左右されず、寄ってほしいスポットへ誘導することができていました。

 


 

北海道のような広くて観光スポットの多い地域では、観光客がどこから立ち寄ればよいか迷ってしまいがち。
そこで、見どころも場所もスマホ1台で確認することのできるデジタルスタンプラリーを実施することで、旅行にピッタリなコースをおすすめでき、来訪率アップにも繋げることが出来ます。

 

北海道の自治体のご担当者様はもちろん、全国の自治体のご担当者様の参考になれば幸いです。

 


自治体×スタンプラリーのおすすめ企画例はこちら!
GPSとQRコードの合体技!現地での観光ポイントPR+地域活性化企画とは
GPSでスタンプGET!ポスターも台紙もいらない観光スタンプラリーとは?

グルメに体験に遊び!地域の魅力が伝わる電子スタンプを使った企画とは?
イラストを重ねて完成!GPSを使った観光スタンプラリーとは?
スタンプを集めないラリーで観光地集客と活性化を叶える企画とは?

 


 

当社の非接触スマホスタンプラリーはこちら(サービスサイトへ)

※回遊対策で選びたいスタンプラリーシステムNo.1 (日本マーケティングリサーチ機構調べ)

 

企画のご相談はこちら